アメトリンのクロッシェロングネックレス

スポンサーリンク

わりと簡単に作れてゴージャス(・∀・)

鎖編みのクロッシェ

動画で見かけてやってみたくなったので、

糸を買うところから(・x・)

動画で使ってた糸が使いたかったんですが名前を言ってくれなかったのでめっちゃ検索かけて見つけましたw

ていうかレース糸って言ってたけどこれたぶん刺繍用ラメ糸(・x・)

でもすごいきれいな色です。さがしてよかった(>ω<)


DMC ディアマント

というわけで、制作。

アメトリンのさざれがちょっとだけ残ってたので、それと、水晶の4mmビーズと、あとチェコのガラスパールとFPを、少し順番をかえた4種かける4の16こ1セットで7セット。

これを、

糸に通していきます。

天然石ブレスのセットを買うとおまけでついてくるワイヤー針を使ってますが、ビーズの穴が通せるならなんでもok。針でもいいし、自分で細めの針金を2つ折りにしてもいいです。

ぜんぶとおったら、

編む(・x・)

使ったのは6号レース針。1.0mmのやつです。

動画では4号(1.25mm)を使ってましたが、ダイソーのレース針は6号と8号しかないので(・x・)

もちろん100円じゃないレース編み針もありますし、一度そっちに慣れるとダイソーのには戻れないくらい使い勝手がいいらしいですが、今は持ってないのでそのうちに手に入れてみます。

さて、クロッシェですが。

編みはじめにまず鎖編みを5目、1つ目のビーズを鎖編みで編み込んで、また普通の鎖編みを5目。

たんに1目に1個ビーズを編み込むだけじゃなくて、ちょっと間をあけるために、何も入れない鎖編みを5目ずつ入れます。

鎖編み5目でだいたい1cmぐらい。

これに似た?感じで、テグスにビーズをとおして間に指編みで鎖編みを入れていくというレシピが某パーツショップにあるんですが。

あれはなんだか、店頭で完成品の見本を見ても、指編みのせいなのかすごく雑な感じであんまり好きになれなかったんですが。

ややゆるめにではありますがレース針を使って間に鎖編みを入れるの、わりと悪くない(・x・)

というわけで、続行。

ビーズが全部編めるまで繰り返します。

全部編めたら糸を引き抜いて、編み始めの部分とつないで、最後はほつれ止め(動画ではピケ使ってましたが私が使ったのはセリアだったかな?百均の)でほどけてこないようにとめて、完成(・∀・)

全部で145センチだったかな?

2連か、もうちょっと短くして3連でもつけられそう。

もっとぐるぐるってしてブレスに使うのもありですね(・∀・)