レジン試作(4)やっと光明が

スポンサーリンク

どうやら解決策が見えてきました

今回の新兵器

まず、前回の失敗から、乱切りホロではぎらぎらしすぎることがわかったので、

新兵器その1 クラッシュシェルを買ってみました。

ついでに、

その2.もう1つ、クラッシュシェルの微粒子タイプも。

まあ、どっちがいいのかわからなかっただけなんですが。

流したレジンにシェルを詰める感じで敷いて、もうひとつの新兵器、フィルム圧着式の水転写シートにプリントした図柄を貼って、仕上げにぷっくりさせたのが冒頭の写真。

この転写シートなら絵柄が溶けない!!!(゚∀゚)

ちなみに、枠の裏側はこんな感じ

写真だとわかりにくいですが、シェルの上に金箔を押した桜の花びらをちらしてみました。

箔の圧着についてはまた後日別に書きますね。

どうやらこれはいけそうです。
いけそうです!!( ゚∀゚)o彡゜


クラッシュシェル 12色セット (淡色系)

というわけで、もう1つ。

今度は三日月で作ってみました

こちらは、裏側は

こんな感じ。

色が濃い目のシェルを使ったんで花びらが見やすくなりましたね。

でもそのぶんちょっとオモテ側の図柄がやや見えにくいかも。

シェルを背景に敷くならうすめの色のほうがいいようです。

せんすも作ってみよう

うちわがこれでいけそうとわかったので、次はせんすの枠に挑戦。

ちょっと形をきっちりとるのがたいへんですが、丁寧に切り抜いて、最後にレジンをがつっと盛って・・・・

エッΣ (゚Д゚;)

なんか反って浮いてる!!!!!

じつは、この転写シートの残りのスペースにちょっと別の絵柄を印刷して、

ミラーを同時に作ってみてたんですが。

じつはこれも、仕上げたあとで

ミゾがちょっと浅くて盛り上げようとしたらレジンがフチからあふれて流れちゃったんですが、そこからやっぱりせんすみたいに反って浮き上がってきて、結局はがれてしまいました(´・ω・`)

乾燥が足りなかったのか、形状の問題か、レジンを盛りすぎたのか(どっちもかなりこってり盛った)。

とりあえずうちわのほうと、もう1つせんすを絵柄のほうだけ作ってしばらく様子見してみましたが、今のところ反ってきてはいないっぽい。

これならいちおう、いけるかなあ・・・?

とはいえ、ちょっとそこが気持ち的に微妙なのと、やっぱり気軽に1つ2つって作れないのがちょっと気になるところ。
OHPシートなら1枚そんなに高いものじゃないんですけどね。転写シートは扱いも面倒だし、販売するとしてもオーダーは受けないで自分で作ったカラバリをラインナップするだけかなあ。