くるみボタン本格試作(?)(1)初戦敗退

スポンサーリンク

日本語おかしいですがやりたかったことがやれるかの確認。

くるみボタンのターン!

さて、ようやくくるみボタンの38mmが手に入ったので、やってみたかったことに挑戦です。

といってもまず、材料が必要。

上の写真にあるように、プリントアウトするんで1枚ぶんデザインがいります。

めんどくさくなって一部コピペしましたが、ある程度作ってういーん。

これは、「インクジェットプリンタで印刷できるように裏面にペット素材のうすいビニールシートを貼りつけてある布」です。

普通紙に試し刷りした時よりちょっと淡い色になりました。

さて。

これからくるみボタンを作るわけですが、さすがに刀の紋のついたボタンはたぶん使う人ほとんどいません。はずかしいしね。

これを、後ろの、縫いつけるためのΩ型の金具を外して、ピルケースにはりつけたりマグネットにしようというわけです。

ぐぐってみると、出てきたブログやらにはいずれも「簡単にとれますよ」と書いてある。

とる方法はおおむね3種類

  • ペンチではさんでひっこ抜く
  • 足の折れてる部分を裏側からのばしてΩを∩にして引き抜く
  • 針金を2つに切って取る

足を起こそうとした結果がこちら。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

引っこ抜こうとしてあれこれやった結果がこちら。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

き、切るのならいけるかなっ!!!

びくともしねぇ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

私の持ってるニッパー手芸用ですからね(;・∀・)
0.55mmの銅線はさくっといけますが0.7mmの9ピンなんかでもけっこう苦労したりしますからね。

これどう見ても1ミリはある。

さすがにちょっと太すぎるのかも。

と、とりあえず大型?ニッパーを入手するところからはじめないとだめなようです⊂⌒っ `ω、)っ

(振り出しに戻る)