くるみボタンまとめ制作

スポンサーリンク

追加も含めてデザインがようやく揃ったのでGO

今回はダブリなしで

とりあえずはせべピルケースを手芸部タグで流したらちょっと反応いただけたので、オタマートに出してみたらやっぱり少しご注文などいただけて布1枚ぶん長谷部を増産。

それでちょっと時間があいて、22mmの続きに取りかかりました。

前回の試作品の時、スペース埋めるのに疲れて何人ぶんかコピペで水増ししたんですけれど、試作品で同じ柄を複数作ってもあんまり意味がなかったことが判明。使わない(笑)。

今回はいちおう修正版だからこのまま本チャンになる可能性は高いんですけどいちおう半試作ではあるので、がんばってスペース入るぶんだけ作りました。

ちなみにトップの写真は普通紙に印字した試し刷り。

ところが本番でちょっと事故があって一部の紋にインクが飛んじゃった⊂⌒~⊃。Д。)⊃

じっさいにボタンとしてオモテに出る部分にとんじゃってるのはごく一部なんだけど、見本しかなくて揃わないことになるのでもう1枚プリントアウトすることに。
その時、今右下に切れて見えてる別バージョン長谷部はジョークネタで量産する気がないので別のものをってことでさらにデザインも追加。

さて、製作。

まずは大きいほうのはせべ(笑)

まあ冗談(笑)。やってみたかった(笑)。

ちなみにフォントはゲームで使ってるやつです。

本番の22mmに。

はせべピルケースのときに学習したことが一つありまして。

最初に生地を四角く切っておいたんですけれど、これダメw ちゃんと最初から丸くあとはセットするだけの状態に切っておかないと周囲切るの忘れてボタン作っちゃうwww

というわけで、だったら最初に四角く切るのムダだしと思ってはじめっから全部まるく切って

せっせせっせ。

とりあえずまずは全部ボタン作ってから、次にまとめて足を外して、最後にまとめてマグネットをつけるってかんじで。

えっさほいさ

ふうふう。

なんか、図柄さえ作っちゃえばすぐだと思ってたのに、30こぐらいだしすぐだと思ってたのに、案外時間かかる⊂⌒~⊃。Д。)⊃

あと、指がいたい(´Д⊂ヽ

ちょっとここで休憩にして、その間に亀甲がきたもんで、上に書いたようにどうせもう1枚プリントするならってことで亀甲と、もう1つ場所あいたのでさらに1つ紋を追加。

ぱっくんが終わったらばっちんで、最後にマグネットをぺたぺたして

無事完成(・∀・)

ダイソーのブリキ板パネルにくっつけてみました。

そして写真をとってスマホで写真とると歪むというのをまざまざと実感(;・∀・)

四角いフレーム使うと一発ですね。

うーん、データうつすのめんどいからぐーぐる写真使えるからあいぽんでとってるんだけど、デジカメを使うべきかうーん。