ペレンクロッシェと百均の40番レース糸

スポンサーリンク

ビーズ編みにはいろいろ編み方があるようです。

ペレンクロッシェ #とは

シュシュの動画からサジェストをたどってたら、ペレンクロッシェという編み方に出会いました。

※ふつうに調べるとすぐ出てくるんですけどね!!!

一定のパターンで糸に通しておいたビーズを、1パターンずつ鎖編み+もう1つ鎖編みで固定して編んでいく方法です。

メインになるビーズが、螺旋状に並んでいくらしいです。

へーー(・∀・) と思って、すぐやる課。

ビーズとおしてー、編んでー、

できあがったのがこちら

練習なんで短く仕上げてますが、長く編めばブレスレットやネックレスにできるし、短めに仕上げてストラップにしたり、バレッタに編みつけたりもできますね。

 

が。

 

なんだか、びみょうにいまいちたのしくない(・x・)

どうも、太めのレース糸を使うというのがちょっとびみょうなようです。

あくまで個人的な好みの話なんですが。

太いと、とおせるビーズにもだいぶ制限が出てきちゃいますし。

もっと細い糸ないかしら。

とりあえず練習したいだけだから百均アイテムで。

(編み物する人は知ってると思いますが毛糸ってふつうに手芸店で買うと1玉500円1000円とかしちゃうからちょっと練習用には手は出しにくいのです)

と思ってさがしてみたら、

40番も百均にあるじゃないですかやだー!

※レース糸は番号が大きくなるほど細くなります

↑はセリアの40番レース糸。

色名が書いてないんですが、黒はともかく、白っぽいほうは見た感じクリームあるいは生成り。

こうやって見ると明らかに真っ白ではないので。

そしてこの画像で手前側にうつってる、

これがダイソーの40番です。

同じ40番ですが、セリアのよりダイソーのほうがちょっと細い感じ。

ネットでダイソーのレース糸について書いてあるブログ記事とか見るとけっこうカラバリあるっぽいんですが、私の地元のダイソーは、20番は豊富に扱ってるんですがどうも40番をほとんど入れてない様子で、白しか見つかりません。

その後だいぶたってダークレッドが入ってきました。

20番はほんとにカラバリが豊富なので、40番も手芸系に力入れてるダイソーだとあるんじゃないかなあ。

ダイソーは商品が多すぎてかつ回転も早いので自社サイトで紹介とか一覧とか作ってないんですよね。

そうそう毎日あちこちのショップをパトロールもできないのが悩ましいところです。

40番を使ってみよう

40番糸が手に入ったのと、別のレシピで、ゴムに編みつけたレース糸ではなく直接ゴムにビーズを編みつける方法を見つけたので、

さっそく試してみました。

あとついでに、ゴムを、セリアの太さ「中」のゴムにしてみました。

前回、ぎちぎちになったのは「太」だったからもあるのかなー、と思って。

完成したのがこちら。

あんまりぎちぎちにはならなかったんですが、やっぱりうまく引き締められてないのか、あちこちでビーズがぐらぐらしてます。何回かほどいて練習してみましたがやっぱりもうちょっと慣れが必要そうw

「中」のゴムだと、最初の、糸を編みつけてその目にビーズを編みつけていく方法もいけそうです(・∀・)