エンボスヒーター

スポンサーリンク

レジン最大の敵。

それは気泡。

気泡ぷちぷち

「レジンを流したら楊枝の先でつついて気泡をとります」

レジンの基本を教えてくれるブログやページを見ると、必ずこう書いてあるんですが。

つっついてもきえないよ?!

てかそもそもレジンってすごいどろっとしてて、まず楊枝でつついたところでほんとに気泡にさわってるのかがわからない。
てかたぶんさわってない。

これはどうすれば、と思って、いつものように魔法の箱に住んでるぐーぐる先生に質問。

あーやっぱり。
「つついてつぶすっていうよりすくってとるに近い」って書いてあるブログあった。
じゃあ、私のやってることは間違ってはいないんだな。

そもそもレジン液じたいある程度気泡を内包してて、なおかつ流した時にノズルにひっかかったりしてどうやっても気泡はできるっぽい。
これじゃいくらやっても目も弱ってきてる私じゃとりきれない。

文明の利器に頼ろう

気泡抜きはレジン使いの永遠の課題っぽくて、いろいろアイディアが拾えます。

基本はレジンをあっためて、粘性を下げる+気泡をふくらませて浮き上がらせて表面に出てきてつぶれるのを待つ、というのが常道のようです。

最強はどうやらエンボスヒーター。
でも私は持ってないのでとりあえずほかの手段でできないかやってみました。

お湯

お湯を入れたタッパーの上にクリアファイルを置いて、その上にレジンを置いてあっためると気泡が抜ける、というもの。

クリアファイルだとぺこぺこしてて落としたりしないかな、と思って百均で買った下敷きでやってみました

結果:下敷きが変型した上に気泡は抜けなかった

置き方も悪かったかなあ。時間が足りなかったのかも。
つまりクリアファイルも変型したりするけどあれはそれこそ百均で10枚入りとかで売ってるから使い捨てにするってことかしら。

でもそもそも気泡がぬけなかったのでボツ。

ドライヤー

エンボスヒーターより温度は低く風量は多いけど使えなくはないという話だったので、とりあえず強で。

結果:レジン枠がふっとんだ

ボツ(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

というわけでぽちりました

家でできそうな手段がどっちも即アウトだったので、ふだんならポイントアップとかを待つんですが買っちゃいました。


【送料無料】呉竹 ZIG エンボスヒーター(クレタケ) HG-100

これです。

お値段的にも最安値に近くて、かつ送料無料。
お試しだし、とりあえず買うにはこれ以外のチョイスはないかな、って感じ。

まあ、買ったあとで尼見てなかったこと思い出して、ほぼ同じ値段でプライムなら翌々日配送があったんですが。

ちゃんと翌日発送連絡がきたので、到着はプライムでも楽天でも同じぐらいになりそうです。

早くこないかなo(^▽^)o