その後の着色かすみ草

スポンサーリンク

以前作った着色かすみ草。

その後放置してたんですが、ふと2種類を比べてみました。

その後の着色かすみ草

すっごい前ですが、

かすみ草:潤沢
ひそかにずっとさがしてた、しょんぼりしてないかすみ草がやっと手に入りました。

こちらのエントリで言及したかすみ草。

最初に作ったぶんは、吊る下げていわゆるドライフラワーとして乾燥。

その後あらためて花を買ってきて、今度は専用の乾燥剤でドライフラワーにしました。

専用のというのは粉末なんですが、

でっかい容器に乾燥剤を敷いた上に花を置いてさらに乾燥剤をぶっかけて、

つまりは埋めて作るもの。

私がある程度枝のまま作っちゃったのもあって、花に対してけっこうな量で、

あと、2回めに買った花があんまり新鮮じゃなかった?のか、

同じインク使ったのにちっとも染まってくれなくて(´・ω・`)

試作したっきり、そのままになってました。

いっかい、半球モールドに入れて遊んでみましたが、

ちょっとモールドが小さいことがよくわかったので、これもペンディング。

荷物整理は荷物を見直すよい機会

ところが、天然石が増えて(笑)、

天然石を入れてるケースはダイソーのなんですが、

同じ型のやつがちょうど売り切れててしばらく入荷しなくて。

それで、ドライフラワーを、使ってないし量もそんなにないからいっこの容器に集めちゃえ、と、詰替えをしまして。

ふと、

最初に吊るして作ったやつと、あとのほうの乾燥剤に埋めたやつを並べてみたのが

これ。

緑が濃いのでちょっとわかりにくいかもですが、

めっちゃサイズがちがいます(笑)

これは色がうすいというか、黒を吸わせたはずなんですが、

なぜか花びらにはいかないで葉脈だけ染まったやつ。

これだともうちょっと花の形がわかりやすいかと。

からっからになるまで自然に水分が抜けていくのを待ったやつと、

科学的に水分だけ吸い取ったやつで、

こんなにちがうんですねえ(・・)

染めるのはおもしろかったから、そのうちまたやりたいところです(・∀・)