豆がまたくさん(・∀・)

スポンサーリンク

ぶじペラ芯が手に入ったので、一気に作りました(・∀・)

練習だいじ(・x・)

さて、1つ前のエントリ

F芯とペラ芯とスライサー。シール式接着芯は何がどれでどう違うのか。
 
やっと、どれが何でどうちがうのかを把握しました。

で、ぶじ1年ごしにナゾだったペラ芯を手に入れることに成功したわけですが。

手に入ったからには、作りたいよね(・∀・)

こういうものに使おうと思って買ったリバティがあるんだヽ(>∀<*)ノ

が。

そのまえに。

手に入ったペラ芯で本当に豆がまがじょうずに作れるか確認しないとね。

なんとなく、レジンは固めちゃうともうそこで終わりなので縫い物もそれに近い感覚で、たとえばがま口なんかもお試しで縫ってみてうーんいまいち??と思いながらでもカシメちゃってほんとにやり直しきかなくしちゃう、みたいなことを過去やってきてるんですが。

少し前にファスナーとやりあった時

ファスナーとさらに向き合おう
あらためて、ファスナーと布と縫いしろの関係をじーっと考えてみた、
結果。

やはり同じように一度使ったら気に入らないなあ、失敗だなあって思ってもそのまま使ったり試作品箱に入れてたのを、むりにそのままでいさせる必要ないことに気がついてファスナーをほどいて作り直しました。

布に関しては、切っちゃった布とかピンを打ち込んじゃったバネ口、それにカシメちゃった口金なんかはそこで確かに終わりなんだけど、逆を言えばボンドつけないでカシメもやらないで、口金にあててちゃんと作れるかを確認するところでとめるのであれば、布は切り直しになるけど資材は使用済みにはならないわけで。

布もね、2m買った布から複雑な形状で服を切り取っちゃってそれが失敗に終わるとけっこうな量(金額)が無駄になるけど、がま口それも豆がまレベルだったらせいぜいが5cm*10cmぐらいの面積。そのくらいの端切れはさすがにちょこちょこいろんなものを作ってきた今、わりとたくさんある(・x・)

というわけで、まずはリバティの前に端切れで手順と大きさの確認。

それで作ってみたのがこの2つです。

どっちも、口金に差し込むまでの仮置き状態。

私は現物を撮影してるからわかるもののそんなに画像で差はわからないかもですが。

別の角度から見ると、青いほうがちょっとだけ厚みがあってふっくらしてるのがわかるかと思います。

シーチングにスライサーを貼った上にさらに裏にペラ芯を貼ったのが右のピンクのやつ。

ぱりっとは仕上がるんですが、ちょっとぺらすぎるかなあ、と思いました。

このへんは好き好きなんだろうとは思いますが。

もうちょっと厚みを出したいなあ・・・。

ということで、再度。

今度は生地に一度アイロン接着の接着芯を貼ってからスライサーを貼ってペラ芯で仕上げてみました。

こっちのほうが好き(・∀・)

ほんとにすっごい微妙な差でしかないんですが。

ちなみに使った接着芯はしなやか厚手で人気というウワサのダンレーヌのR444というやつです。

 

考えると、というかファスナーのときも思ったことですが、私はこういう、同一の対象(今回は豆がまの口金)に対して角度を変えた複数のアプローチをして最適解をさぐる、というタイプのトライアンドエラーって今までほとんどやってなかったんですよね。ミシン買ってそろそろ2年になるんですけども。

こういうところで下積みじゃないけど工夫というか、いろんな可能性を模索するのが、練習であって、本来やるべきことだったなあ、だからなかなか経験値が増えないっていうか失敗が学びにならないんだよな、とあらためて思いました。

もっと私は実になる失敗をすべき(・x・)

まあ、そんなことを言いながら4種ぐらいしかトライしてないんですが。

これでも、綿麻キャンバスを使うならけっこう分厚くなっちゃうなとか、貼り方が甘いとペラ芯の合皮が2つ折りしたところがしわしわになっちゃうなあ、とか、じっさいにはけっこういろいろひねくりまわしてますw

実作(・∀・)

せっせと作ったら途中過程の写真ぜんぜんとってませんでした。

柄が大きすぎないのを選んで、手持ちの残ってた金具全部リバティ豆がま口になりました(・∀・)

これはなかなか、たの(>ω<)しい!

大きめの柄のやつはもう少し大きな口金で印鑑ケースを作ろうと思ってます。

豆がまの口金は手持ちこれでなくなったので、次のセールの時また買おうかな(・∀・)


豆がま 口金 4.0cm