トライアングルウィーブのブレスレット

スポンサーリンク

ドロップビーズが手に入ったので早速制作

ドロップビーズ

資材をがさーっと買った

さあ・・・買おうか。
ビーズが楽しくなってきました。

となればすることはひとつ。

買う。

時にドロップビーズをたくさん買ったのは、教科書にさせてもらってるかたの動画によくドロップビーズが出てくるから。

もちろん、そのビーズがないと作れないってことはないはずですが。じっさい同じ技法で別のビーズ使った動画もあるし。

でも、あードロップ型のビーズかー持ってる!(・∀・)と思って作り始めてみたらなんだか合わない?なんで??と思ってよーく見てみたらサイズがぜんぜんちがってΣ (゚Д゚;)ってなって、あらためて3.4mmドロップビーズの商品ページ見てみたらすごくかわいかったんですよね。

なのでつい(・x・)

わりとよく使いそうな金茶銀引きとか糸通しで買っちゃった!

いや、じっさい、レシピを見るとけっこうな数を使うんですよね。

まあ、ビーズが小さいから考えてみれば当然ですが。

ほかのものの飾りなんかに1つ2つ使うならともかく、同じ編み方を繰り返すステッチでは数がないと話になりません。

トライアングルウィーブ

というわけで、さっそく編んでみたのがこちら。

材料

  • 3.4mmドロップビーズ(40~50粒。7gパックが半分以上残ったのでたぶん3gパックで足りる)
  • 4mmソロバン(2色)(全部で40~50粒)
  • 4mmガラスパール(40~50粒)

トライアングルウィーブと書かれてましたが、どうもそのステッチの名前でぐぐると同じかたの動画やページ、あるいはそれをまるっとはりつけたパクリキュレーションメディアのページしか出てこないんですよね。すくなくとも先頭数ページは。

このかた独自の呼び名というのは、ほかの動画の説明やテロップを見る限りなさそうなので、とくに一般的には名前のないステッチか、このかたのアレンジかもしれません。

編み方じたいはすごく簡単です。

3種類(パターン)のビーズを編みつないでいくもので、つまり三角のモチーフが並ぶんですが、画像の編み方は1回ごとにビーズを足す方向を逆にしてるので△▽△▽みたいなかんじで結果的に一列に並んで帯状に。

使うビーズが大きめですし(4mmは大きいほう!w)このブレスレットぐらいのサイズならわりと短時間で終わるので、なるほど初心者向けですが、ただの子供向けブレスレットとは思えないかわいさ(>ω<)

アレンジもいろいろききそうなのでやってみたいところです。