作業用ビーズトレイを自作しよう

スポンサーリンク

ビーズ作業用のトレイに使ってた作業トレイがこわれたのでせっかくだからきれいに新調(・∀・)

ビーズマットは有能

ビーズマットすげえ!
ビーズマットなるものを入手。
試してみたらすいすい拾える!
えっこれすごくね??

ビーズをはじめた直後に、ビーズマットの魅力を知って以来、ビーズステッチをするときは必ずマットを使ってます。

が。

このビーズマット、でかいんですよね(・x・)

ヨコB4、タテA3ぐらいあるんです。

たぶんアメリカの紙のなにかのサイズなんでしょうけども。

広くて使いづらいので、

2つにぶった切って使ってました(・x・)

その後、

その切ったやつをさらに雑に切って、パーツクラブの作業用トレイに入れて使ってたんですが。

ごらんのとおりサイズが合ってなくてビーズがけっこう落ちる。

のと、

経年劣化なのかある日ぱりっ!と割れました(・x・;

ちなみに、このビーズマットを切り出した残りがどこにあるのかは不明です(・x・)なんか埃まみれだったような記憶があるので処分したのかもしれません。

という状況だったので、

新しいぴしっとしたのを作りました(>ω<)

ビーズ作業用トレイの作り方

作り方、といってもそんなに難しいものじゃありません。

材料と道具

  • ビーズマット
  • 100均(ダイソー)のトレイ
  • 定規
  • カッター(とカッター台)あるいはハサミ

これだけです(・∀・)

ビーズマット

前回貴和で買ったのは1枚入りで250円ぐらいでしたが、今回パーツクラブにいったら3枚入り

税抜き520円で売ってました(・∀・)スミス社のです。

値札の「社」が簡体字で中国経由で入ってきてるのがわかりやすいです(・x・)が、まあ、それはおいといて。


ビーズマット ベージュ

ネット通販だと1枚入りが送料抜きで400円ぐらいですね。ショップが遠くて交通費がもっとかかっちゃう場合は通販でも。

ダイソーのトレイ

わりと昔からあるし、今も売ってたのでたぶん定番品じゃないかと思います。

和食器コーナーあたりにあるはず。

というか、今回買いにいったら

すべらないタイプも出てました。

両方買ってみましたが、すべらないタイプはなんかちょっとぺたぺたしてます。シールはがしたらほかの部分が埃をかぶってたのがよくわかりました(・x・)

ぺたぺたとはいえ、シールみたいなかんじではないのでビーズトレイに使うなら差はほとんどないでしょう。

でもさわりごこちがちょっと微妙だし埃のつきかたが激しそうなので買い足す時はすべらなくないほうにします。

切る

内寸のサイズをはかります。

実測で15.5cm*25cmでした。

誤差があるかもしれないのでそこは現況優先で。

で、この寸法でビーズマットにアタリをつけて切ります。

私はロータリーカッターを使いましたが、もちろんハサミでOK。

というか、ロータリーカッターはぴしっと直線には切れるんですけど、ビーズマットって厚みがあってふわふわしてるからか、どうも線のとおりに切っても定規でつぶれるぶん、歪むようです(・x・;定規当てて切ってるのに奥が1ミリぐらい長くなりました(・x・;

はめこむ

トレイにあててみて、もし歪んだりでマットが浮く部分があるようならそのへんをもうちょっと切るとかで微調整して、はめこみます(・∀・)

完成(・∀・)

というわけで、完成です。

このまま使ってもいいし、種類をたくさん使いたい場合はマス目を書いたりミシンで縫って段差をつけたりして区切るのも使いやすそうです。

あと、これは数が足りてるのがわかってるのでつけてませんが、マステやシールに何色(何番)のビーズを使ってるか書いて貼っておくと足りなくなった時や終わったあとの余りをしまう時に困りません(・∀・)

たくさんあるとべんり(・∀・)

さっそく新しいビーズトレイを使って、

1つ前のエントリで作ったベルフラワーのブレスレットをバラしてる(;・∀・)ところ。

ベルフラワーを使った変形スパイラルブレスレット
ベルフラワーってすっごいかわいいんです(>ω<)

留め具部分にちょっと納得いかない部分があったもののそのまま使い勝手テストのつもりでつけてたら、3日で留め具部分のどっかの糸が1本ぐらい切れたらしく(・x・; 幸いばらばらにはならなかったんですがビーズにすきまがあいてびよーんってなったので分解。やっぱりあれ補強足りなすぎだよね・・・

ごっちゃーってなってたのをわけわけして、再作成予定。

というか、ラスト付近まで編み直したところでミスを発見したので2度めの分解後だったりします(;・∀・)

2回めを分解したとこでちょっとげんなりしちゃったので、ほかのをいっぺんやってから戻ってこようかなー、とか思ってたり。

ビーズって、何がめんどくさいって出し入れなんですよね。シードビーズなんかは似たような色がごっちゃりあるから作りかけでしまっちゃうと、次にやる時どの色だったかわからなくなりがち。

でも、これからはだいじょうぶ(>ω<)

というのも。

今回買ったビーズマットは3枚入り。

お試しでトレイは4枚買ってきたんですが(お試しなら1枚だろうというツッコミが聞こえそうですがマットが2枚ぶんとれるのわかってたし、トレイが2種類あったので片方使えなかったときのために2枚ずつの計算)、マットの保管場所にも困るし、早めにあと2こ買ってきて全部で6枚のトレイにする予定です。

つまり、ほかのビーズ編みをやりたくなったら、そっちにビーズを出せばOK(>ω<)

このトレイ、ぴたっとスタッキングできるので

マステとかはがせるラベルとかで手前のとこをラベリングしとくと、トレイの数だけ作りかけ作品を積めます!

ほかの百均で小さめのお盆買ってもこういうふうに作れるとは思いますが、スタッキングできるやつは見かけたことがありませんので、やっぱり数を持つならダイソーをさがすのがいいかな、と思います。

まあその、積みすぎちゅうい(・x・;

でも、今やりかけがあるんだけどどうしてもちょっとだけこれをやりたい!とか、そういう時にはやっぱり複数あると便利です。

マット1枚のものでもダイソーの黒いトレイ2枚ぶんとれますので、ぜひ作る時は複数で(・∀・)